2018年10月の記事一覧

芋ほりをしました!

10月25日(木)、学校の畑で芋ほりをしました。仲よし班に分かれて6月に植えた芋づるに芋がたくさん実りました。畑では紫芋や白芋、大きい芋、小さい芋がたくさんとれました。袋にいっぱい入れて家に持って帰っているので、ぜひ子どもたちが育てた芋を家でおいしく食べてくださいね。

西条市小学校陸上記録会

今日、一日順延された陸上記録会が、ひうち陸上競技場でありました。

徳田小学校も、4年生から6年生までの選手19名が参加しました。

7種目の競技に全力で挑みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸上記録会壮行会

23日に開催予定の陸上記録会の壮行会が行われました。

全7種目、19名の選手が紹介された後、代表児童が力強い決意を発表しました。

選手のみなさん、全力を出し切って、自己ベストを更新してください。がんばれ‼

 

 

 

 

 

 

㊟陸上記録会は、24日に順延されました。

子どもたちの様子

10月19日(金)、気持ちの良い天気になりました。

子どもたちは、今日も元気に学校生活を送りました。

1・2年生は、体育でボール投げ遊びをしました。

フラフープを使って、その中にボールを通します。

子どもたちは、

「やった~。はいった~。」

「もう少し上だった~。」

と、声を上げながら楽しんでいました。

最後の感想では、あまりうまくいかなかったことや、どうすれば遠くに投げることができるかなど、発表することができました。

 

生活の時間は、1・2年生で種クイズをしました。

いったい何の種なのか、じ~っと観察をしながらワークシートに記入していきました。

1学期の育てた花の種や、普段、食べている果物の種など、たくさんあって楽しむことができました。

 

ほかに、大きなかぶの劇の練習や図工の時間の様子など、写真を載せていますのでご覧ください。

今日は金曜日。

土日ゆっくり休んで、月曜日に元気に学校に来てくださいね。

 

授業の様子(3年生 理科・社会)

お祭りの中ではありますが、一生懸命授業に取り組んでいます。

今日の1時間目は理科で、鏡を使って光をはね返して遊びました。

遊びの中から、

・日光が当たるところじゃないとできない

・近くに映すと光が濃くて、遠くに映すと光が薄くなる

・人の体にも映すことができる

など、たくさんの発見がありました。

不思議に思ったこともあったので、これから実験をして確かめていきます。

2時間目は、丹原小学校と社会科「農家の仕事」の遠隔授業でした。

子どもたちのお家で作られている野菜を発表しあったり、愛媛県でよく作られている野菜を勉強したりしました。

次に遠隔授業をするときは、お互いに調べたことの発表会です。

丹原小学校の友達に分かりやすく伝えられるように、しっかりと準備をしていきましょうね。

徳田地区秋祭り

今日は徳田地区秋祭りの最終日です。今日は古田地区、高知地区のみなさんが学校で獅子舞を披露してくれました。

10月17日(水)  古田地区獅子舞

        高知地区獅子舞

        高知地区子ども御輿

 明日からはいつも通り学校が始まります。明日も元気に頑張りましょう!

徳田地区秋祭り

徳田地区では昨日からお祭りが始まり、各所で太鼓の音が聞こえています。

10月15日(月)  徳出地区相撲大会

 10月16日(火)  御陣家地区子ども御輿

        徳能地区子ども御輿

児童の皆さんは村上先生との約束の

大人の言うことを聞く

羽目を外さない

をしっかり守って残りの1日も楽しく過ごしてくださいね。

授業の様子(1・2年 生活科)

10月15日(月)、今日からお祭りが始まりました。

1年生は、生活科の授業でチューリップの球根を植えました。

2年生は、そのお手伝いです。困っている1年生がいたら、そっと手助けをしてくれました。

球根を植えた1年生は、

「大きくなあれ。大きくなあれ。」

と、にこにこ笑顔で水をあげていました。

これから、大きくなっていくのが楽しみですね。

参観日(人権・同和教育視点)

今日、人権・同和教育視点に立った参観日でした。

1年生は、「みえるとか みえないとか」(道徳)

 

 

 

 

 

 

1組は、「感謝の気持ちを伝えよう」(自立活動)

 

 

 

 

 

 

2年生は、「ぼく」(道徳)

 

 

 

 

 

 

3年生は、「ぼくのなみだ」(道徳)

 

 

 

 

 

 

4・5年生は、「ちがいのちがい」(道徳)

 

 

 

 

 

 

6年生は、田野小との遠隔合同授業で「山の粥」(道徳)

 

 

 

 

 

 

どの学年も、友達の気持ちや差別、感謝する気持ち等について真剣に考えていました。

6時間目は、講師の先生をお招きして、人権・同和教育講演会を開きました。

 

 

 

 

 

 

保護者と全校児童、教職員がお話を聞きました。

命のつながりや大切さ、差別された者と親のつらさ等、弾き語りを交えてお話をしていただきました。

お話は、深く心に届きました。ありがとうございました。